夜空はいつでも最高密度の青色だ



なんというか「クサく」なるギリギリのところでセンス良くまとまっているのは凄いと思いました。

とつぜん詩をセリフとして呟いたり、現実の日常会話の中ではおよそ出てこない死とか世界とかの話を突然されると、はあ?何自分に酔ってんの?中2なの?みたいな空気になりかねないところを、うんまあ許せるかなと思えたのは役者の力量もあるだろうけど、その匙加減は絶妙だった。


ただなんというか、地方出身者が東京で感じる孤独とか、昭和のフォークソング的な世界観ではあり、若干古臭いのはちょっと気になったかなあ。

恋愛というものを軽蔑しながらもそれを求めざるをえない自分をさらに軽蔑しているかのようなヒロインの言動も、バブルの頃ならともかく、もうそんなに街はカップルで溢れかえったりはしていないし、スマホが出てくるから現代の話だなとは思うけれど、心のどこかでイマドキこんな子いるかなあ?という気持ちも若干。



美香役の石橋静河は初めて見る女優さんでしたが、石橋凌と原田美枝子の次女だそうで、さすがサラブレットというか超絶美人というのではないけれど雰囲気があって良かった。

演じ方次第では単なる自己陶酔・自己憐憫の激しい自意識過剰の女の子にしかならないところを、ウザいと思わせないぎりぎりのところで上手く演じていたと思う。

池松壮亮は喋り出すと止まらない「ヘンテコ」な男の子で、イケメンぶった役よりもこっちのほうがずっといい。彼が変な子なので仕事仲間の松田龍平のほうが珍しく普通の人の役だったのも新鮮(笑)
スポンサーサイト

海街diary



この映画を初めて見た時、なんとも言えない幸せな気持ちと切なさが胸いっぱいになりました。

4人の姉妹で暮らす日々、大きな事件があるわけでもないけど、リアルな日常とちょっと歪んだ関係性の中で生きていく人たちを美しく描いた作品だと思います。

綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんは皆綺麗で一人一人見惚れてしまいます。

綺麗だけれど、演じているキャラは個性が光っています。

長女と真ん中の姉妹の違いははっきりしていてぶつかる事もあるけど、結局姉妹だから絆もあって温かい。

この関係性は自分の姉妹の関係と似ていて割と現実的だと思いました。


長女(綾瀬はるか)と末っ子(広瀬すず)は歳が離れている事もありちょっとだけお母さんみたいなお姉さんの色が濃い関係性であったかい気持ちになります。

この作品は家族とその周りの人との関わり合いの中で生まれる愛情や憎しみがうまいバランスで表現されていて、こんな作品は今まで見たことがありません。

DVDになってから何度も観ました。何度観てもいいと思える作品です。

原作の漫画は読んだことがないですが、漫画からの実写化が今現在たくさんある中で、この作品は傑作だと思います。


舞台が鎌倉だというのも私にとってストライクでした。鎌倉の風情ある街並みはいつか訪れたいと思っている場所だからです。

鎌倉の海や電車や街並みがこの作品とマッチしていて、より趣ある雰囲気と人間味を醸し出しているように思います。

感想を書いている今もまた観たいと思ってきました。

海街diaryを観ている間は、難しいことを考えずゆったりとした感情になれます。

最近の映画の中で一番好きな映画だと言える作品です。

君の膵臓を食べたい



衝撃的なタイトルからは想像がつかないほど、心を揺さぶられる純愛ストーリーです。

他人と関わりを持つことを避けて生活をしている地味な『僕』と、膵臓に大きな病を抱えながらも明るく振る舞いながら生きている『山内桜良』は、たまたま僕が桜良の日記を拾って彼女の秘密を知ってしまうところから始まります。

病気の事を知っても始めは何とも思っていなかった僕ですが、桜良と接していくうちに、彼女の太陽のような明るさと、子犬のような人なつっこさにどんどん引き込まれ、次第に彼女の苦しみをぬぐってあげたいと思うようになります。

今できることを大切に、二人の時間を過ごしていく姿はとてもほほえましくも見えますが、命の限界を知ってしまっているその背景を考えると、涙なしでは見られません。

して、特にこの作品に良い影響を与えているのは、桜良を演じた浜辺美波さんの“声”です!

明るいセリフの中にもどこか切なさ感じ、まさに散りゆく桜の花びらのよう。

目を離すと、いつのまにかパッと消えてしまっているのではないかと思うくらい、彼女からは儚げな雰囲気が醸し出されています。


学生時代と、その後の二つの時代背景で描かれている為、この人とこの人はどうつながってるの?!と疑問になる部分もありますが、大丈夫です!

ちゃんと最後にきれいに全てがつながります!

決して哀しいままでは終わらない、少し綺麗な心になれたような、そんな桜良のような明るさを最後に感じられる作品です。


そして、この映画のキャッチコピーでもある、『ラスト、きっとこのタイトルに涙する。』という意味が痛いほど伝わること間違いなしです。

帝一の國



もう少しクローズのような殴りあいのシーンがあったりするのかな、と思っていましたが、そうのような作品ではなく、単純に面白かったです。

なにせ今をときめく若手俳優がたくさん出ていましたので、それだけでも目の保養になりました。

主役の菅田将暉くんはやっぱりオーラがあるというかとても力強くて演技も上手なので引き込まれていきました。

竹内くんも相変わらず爽やかな感じで嫌味がなくてよかったです。

今回一番面白かったのは間宮くんかなと思っています。外見もなかなか個性的でよかったし、あの弱気な感じも面白かったです。

映画自体としては、ストーリーもよく描けていました。

最後の転換は主人公の人としての成長を描いたのかなっと思っていましたが、それ以上にブラックな感じに描けていたのは、菅田君の個性が光っていてよかったと思います。

ただ、少しきれいに描きすぎというか、生徒会長という座を奪いあうのにもう少し泥くさく描いてももっと面白かったと思います。

出演している若手俳優がみんなきれいな顔をしているからそのように思ったのかもしれませんが、、、少し前の学園ものは不細工な男の子達がいて、主役を引き立たせてましたが、最近は違うのかと思いました。

本当にきれいな顔した人ばかり出ていたので、クローズのような男くささが感じられなかったのかもしれません。

時代が変わったなたっとしみじみ思ってしまいました。

そう思うと改めて主役の菅田くんの存在感はすごいなと思いました。

一人際立っていましたね。

無限の住人



謎の女性により不老不死の肉体になってしまった万次(木村拓哉)に用心棒の依頼がありました。

依頼主は、剣客集団・逸刀流(いっとうりゅう)に両親を殺された少女の浅野凜(杉咲花)です。

依頼をを受けた万次は、凜と共に逸刀流の敵討ちに向かうのでした。


とにかくアクション性が高く、キャッチコピーにあった「ぶった切りアクション」というのは間違いないものでした。

殺陣でバッサバッサと敵を倒していくのは非常に爽快です。

アクション映画だけあって気軽に観れるだけでなく、スピード感も良いので終始楽しめる映画だと思います。

また、殺陣を行うアクション映画のメインとなる武器は刀やクナイ等といった侍や忍者を髣髴するものが多いのですが、こちらの映画はそれ以外にも不思議な武器があちこち出てくるのが特徴的でした。


不死身設定ということもあり、従来のアクション映画に比べてあまり攻撃を避けません。

どちらかと言うと切られまくったり平気で一刀両断されたりします。しかし、その不死身なところで虚をついて倒すシーンもあり、不死身という概念を理解しやすい設定でもあります。

「この体のせいで剣の腕が鈍る」と万次は言っていましたが、確かに長年ずっと不死身で死なないという体になったら「避けなければ死ぬ」という危機感は無くなるのかもしれません。

それでも、剣の腕は確かであるのは間違いありません。


キャストも豪華で、木村拓哉・杉咲花だけでなく、福士蒼汰、戸田恵梨香、市原隼人、栗山千明といった2、30代の若手俳優も多くいました。

万次演じる木村拓哉は実にキムタクらしい口調が特徴的でした。

また、浅野凜の役に投じる杉咲花の演技力が高く、個人的には惹き込まれました。
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画を観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画レビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”