トニー滝谷



この映画に出会ったのは、イッセー尾形と宮沢りえという異色のコンビが俳優をやっているという話題を聞いたからでした。

一体どんな内容なのか全くチラシからは読み取れず、「あなたがいつまでもいとしい」という文言のみ書かれているチラシでした。

もともと村上春樹の短編集から映画化されたものがこのトニー滝谷という映画で、私は村上春樹も好きだったけどこの短編集は読んだことはありませんでした。

そんな漠然としないけどなんだか気になるトニー滝谷をやっとみることになりました。

どんな内容なのかワクワクしながらみていると、ほとんど俳優は喋らずナレーションだけが淡々と続くというものでした。

観ていてこれは小説を読んでいるのと同じ感覚だなっと思いました。

カット割りにも特徴があり、ページをめくるようなシーンとシーンのつながりが印象的でした。

全体的に白っぽくて寂しさをテーマにしているこの映画を、私はすぐに好きになりました。

特に、「孤独は牢獄のようなもの」という映画の中の一言は今でもよく思い出します。

音楽もよかったです。

坂本龍一が担当していてピアノを主に使っています。

ほとんど二曲しかない曲のリズムとニュアンスを変えてシーンごとに使い分けていました。

思わずサントラを買ってしまいました。

本当にいい映画です。

多くの人に観てほしいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画を観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画レビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”