FC2ブログ

この世界の片隅に



戦争の悲惨さや辛さを描いた作品は数あれど、そのどれにも属さない作品だと感じました。

太平洋戦争中の日本を舞台にした物語でありながら、この作品で描かれているのは一般の主婦であり、広島の自然豊かな土地ではほのぼのとした空気さえ流れています。

嫁ぎ先の家族との折り合いと激しさを増す戦争の描写が並列に描かれているところも、一市民の目線から見た戦争というものを表しているように感じました。

本作の主人公である「すず」はどこかのんびりとしていて抜けているところもありますが、嫌みがなく理解を深めていくうちに多くの人に愛されていくようなキャラクターです。

素朴な彼女の言動や仕草を通して、辛い戦争のさなかであってもたくましく生きていく人々の様子が映し出されています。

作品の全体を通して優しい空気に満ちているのは主人公「すず」の持つキャラクターの魅力によるところも大きいと思います。

広島を舞台にしており、また軍港として有名な呉に住んでいる主人公たちの生活は、内容的に見ても決してほのぼのとしているわけではありませんが、かといって変にドラマチックに描くこともなく淡々と進んでいく物語の裏に、どんなに大変なことが起こっても同じように食事や睡眠といった日々の生活が続いており、時間の流れが平等に流れていくことの残酷さがあるように感じました。

アニメという表現だからこそ描くことのできる空気感や演出も多々あり、従来の戦争映画とは一線を画した貴重な作品だと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画やドラマを観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画&ドラマレビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”