新宿スワンII



今回は横浜編!

関玄介と因縁を持つ滝正樹率いる横浜のスカウト集団・ウィザードとバーストとの抗争を繰り広げる今作!

原作でも横浜編として元がある今回なのですが、 やっぱり関さんがかっこいい。というか深水元基がかっこいい。

絶対身体鍛えなおしたよな…

龍彦(もとい綾野剛)の頭を上からワシャッと掴めるくらいの高身長に加えて、コートを脱いだ時の胸板の張り…

今回物語の核になるだけあって、良い存在感を出してました。


浅野忠信の滝も意外に合ってるような気もしました。

演技してるシーンに加え、戦闘シーンも迫力のある戦いっぷりでした。

ただ広瀬アリスのマユミの下りいらないなぁ…

前回の沢尻エリカポジションなんだろうけど、バッサリカットでもストーリーに対して響かないし、いらなかった気がします。


とにかく今回は関さんがカッコいいので、それだけで見に行くのも悪くはないんじゃないでしょうか。

前作の続きが気になる人、深水元基の胸板をチェックしたい人におすすめです。


どう考えても真虎さんと葉山が怪しすぎますよね。

秀吉殺しの犯人を洋介と決定することでこの件はひとまずひと段落させ、また滝と関の因縁関係を利用し関に横浜を乗っ取らせたことで、本部の幹部の席が空き、正式に葉山をバーストの幹部にできた。

ついでに横浜にも勢力を拡げることもできたし。

何もかもが真虎さんのシナリオ通りに話が進んでますね。

結局ケツモチの紋舞会・天野修善を最終的に説得することができたのは、天野が自分のものにしたかった涼子本人が彼を口説き落としたおかげだし、その涼子に頼んだのは誰であろう真虎さんですしね。


原作でもそうですが、真虎さんは自身の目的のために着々と準備を進めてることが、映画でも見て取れます。

次回作は真虎さん中心の話になりそうですね。
スポンサーサイト
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画を観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画レビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”