FC2ブログ

思い出のマーニー



不思議な世界観で、もしかしたら子供さんには難しいと感じた気がするジブリ作品でもあります。

主人公の境遇も、決して満たされた心でのスタートではない部分にも驚いてしまいますから。

でも、この不思議な世界観と過去との繋がりを紐解いていく内容には徐々に引き込まれてしまうんです。

これは、ジブリらしくない試みでもあり…ファンが新たな価値を見出した名作でもあると言えますよ。

特に大人が観る映画としては、自身の心残りな人生を当てはめる事が出来てしまう懐かしい感覚が生まれても来ます。

「何故、ここにいる自分はこうなんだろうか?」

それが、幼い記憶の断片があり大事な何か呼んでいる声がする懐かしい気持ちでもありますからね。

大人になった今でも、他人には言えないけれど大事な秘密基地があり消えない・消せない存在である気持ちも思い出してしまう魔法みたいな作品。

これは、大人の男女共通である守りたい心でもあると思いますよ。

作品としては、ジブリの醍醐味であるハラハラドキドキなシーンもありますが…置き忘れた大切な物が見つかる最高にハッピーになれるENDも納得しますから。

もし、子供さんの反応が悪くても心配は無いです。

それは、これから人生を歩む中で自身のマーニーと出会うチャンスがあるからだと言えますから。

その時、もう一度”思い出のマーニー”を観る事が出来たなら主人公の気持ちがグッと近づきますよ。

それに、人生で少し気になる想いの残した事がある人にも何度でも観て欲しい作品でもありますよ。
スポンサーサイト
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画やドラマを観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画&ドラマレビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”