FC2ブログ

君の膵臓を食べたい



衝撃的なタイトルからは想像がつかないほど、心を揺さぶられる純愛ストーリーです。

他人と関わりを持つことを避けて生活をしている地味な『僕』と、膵臓に大きな病を抱えながらも明るく振る舞いながら生きている『山内桜良』は、たまたま僕が桜良の日記を拾って彼女の秘密を知ってしまうところから始まります。

病気の事を知っても始めは何とも思っていなかった僕ですが、桜良と接していくうちに、彼女の太陽のような明るさと、子犬のような人なつっこさにどんどん引き込まれ、次第に彼女の苦しみをぬぐってあげたいと思うようになります。

今できることを大切に、二人の時間を過ごしていく姿はとてもほほえましくも見えますが、命の限界を知ってしまっているその背景を考えると、涙なしでは見られません。

して、特にこの作品に良い影響を与えているのは、桜良を演じた浜辺美波さんの“声”です!

明るいセリフの中にもどこか切なさ感じ、まさに散りゆく桜の花びらのよう。

目を離すと、いつのまにかパッと消えてしまっているのではないかと思うくらい、彼女からは儚げな雰囲気が醸し出されています。


学生時代と、その後の二つの時代背景で描かれている為、この人とこの人はどうつながってるの?!と疑問になる部分もありますが、大丈夫です!

ちゃんと最後にきれいに全てがつながります!

決して哀しいままでは終わらない、少し綺麗な心になれたような、そんな桜良のような明るさを最後に感じられる作品です。


そして、この映画のキャッチコピーでもある、『ラスト、きっとこのタイトルに涙する。』という意味が痛いほど伝わること間違いなしです。
スポンサーサイト
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画やドラマを観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画&ドラマレビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”