海街diary



この映画を初めて見た時、なんとも言えない幸せな気持ちと切なさが胸いっぱいになりました。

4人の姉妹で暮らす日々、大きな事件があるわけでもないけど、リアルな日常とちょっと歪んだ関係性の中で生きていく人たちを美しく描いた作品だと思います。

綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんは皆綺麗で一人一人見惚れてしまいます。

綺麗だけれど、演じているキャラは個性が光っています。

長女と真ん中の姉妹の違いははっきりしていてぶつかる事もあるけど、結局姉妹だから絆もあって温かい。

この関係性は自分の姉妹の関係と似ていて割と現実的だと思いました。


長女(綾瀬はるか)と末っ子(広瀬すず)は歳が離れている事もありちょっとだけお母さんみたいなお姉さんの色が濃い関係性であったかい気持ちになります。

この作品は家族とその周りの人との関わり合いの中で生まれる愛情や憎しみがうまいバランスで表現されていて、こんな作品は今まで見たことがありません。

DVDになってから何度も観ました。何度観てもいいと思える作品です。

原作の漫画は読んだことがないですが、漫画からの実写化が今現在たくさんある中で、この作品は傑作だと思います。


舞台が鎌倉だというのも私にとってストライクでした。鎌倉の風情ある街並みはいつか訪れたいと思っている場所だからです。

鎌倉の海や電車や街並みがこの作品とマッチしていて、より趣ある雰囲気と人間味を醸し出しているように思います。

感想を書いている今もまた観たいと思ってきました。

海街diaryを観ている間は、難しいことを考えずゆったりとした感情になれます。

最近の映画の中で一番好きな映画だと言える作品です。
スポンサーサイト
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画を観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画レビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”