FC2ブログ

わたしはロランス



これはまた特殊なラブストーリーだな…。



こういうのを「特殊」と言ってしまうと、まさにこの映画のテーマに反しているのでドラン監督に怒られそうだけど。

でもやっぱり特殊すぎるよ、これ。



要するに、異性愛者として生まれたトランスジェンダーと、その周辺にいる友人や親族と、そして彼を愛してしまったノンケの女の人の苦悩の話。この辺の心の問題はハッキリ言って『リリーのすべて』なんかと比べてかなり真に迫っている。監督自身はゲイであってトランスジェンダーではまったくないので、よく気持ちを汲み取っているなぁと関心するのだけれど。彼はおそらくすべてのマイノリティーを拒絶しようとする社会に対する「No]を掲げたかったのだろう。この人のスタンスはよくわかる。ホントに一貫している。



ただ物語的に言うと…私はあの家のピンクのレンガを見つけたあたりで終わっていたら最高だったのになぁ、とも思う。あの時点で終わっていたなら、この二人の性差を超えた愛情を強調できてよかったんじゃないかなぁ、と思うのだけれど。なにより品があるし。

そのあと、くっついたりはなれたりを繰り返してるのを見ると、「もういいわ」という気持ちになるし、前述した「普通とはなにか?」というメッセージ性が強くなりすぎていかんせん説教臭くなる。



まあ、これだけ特殊な人たちの恋愛を描いているのだから、これっくらいの大河ドラマ的な尺が必要だったのかもしれないけど。とにかく映像が相変わらずキレッキレなので見ていて飽きないのは救いの部分。他では絶対に観れないような映像だから、必見なのは間違いない。
スポンサーサイト
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画やドラマを観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画&ドラマレビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”