22年目の告白 私が殺人犯です



インパクトのあるCMにひかれて見に行った「22年目の告白−私が殺人犯です−」CMで見た以上にインパクトのある作品でした。

もともとは韓国映画を日本版にリメイクした作品なのですが、そこは『SR サイタマノラッパー』シリーズなどでお馴染みの入江悠監督が手掛けることでまた違った魅力を引き出していました。

「22年目の告白−私が殺人犯です−」を語るうえで外せないのが主演の藤原竜也さんです、藤原竜也さんの出演している映画を多く見ましたが闇だったり謎だったりを持つ人間を演じさせたら日本一ですよね(私の中ではですが)

その藤原竜也さんですが今作品でもすごかったです、殺人手帳を出版する殺人犯の役という闇の中の闇の様な人間なのですがあの役は藤原竜也さんしかいませんね、不思議で不気味そんなオーラをしっかり出してました。

インパクトのある犯人役の藤原竜也さんそれに負けない伊藤英明さんが刑事役で出演しています、その他にも石橋杏奈さん、仲村トオルさんと豪華メンバーが出演している所も見どころだと思います。

気になるストーリですが舞台は日本で1995年に起きた5件の殺人事件当時事件を調べていた刑事牧村航はもう少しで真実にたどり着き犯人確保できそうだったが、犯人に逃げられてしまう。

その事件の犯人は捕まらず時効をむかえることにまります、時がたち現代になり突然曾根崎雅人が事件の真実が書いてある手帳「私が殺人犯です」を発表する事になり物語は始まっていきます。

感想としては展開が読みずらく最後の最後までしっかり楽しめる内容になっていました、そして役者さんたちの演技力が素晴らしくクオリティーの高い作品になっています。

ぜひ作品をみて予想外の展開そして事件の真実を知ってもらい楽しんでいただければなと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画を観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画レビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”