FC2ブログ

シン・ゴジラ



日本は立ち向かえるのか?というのがこの映画の核心だと思います。

個人的には大ヒットでした。

明らかに東日本大震災時の対応を意識しており、「実際にゴジラが来た場合」をリアルすぎるくらいリアルに表現しています。

映像も実際にある風景や自衛隊の設備を取り入れており、だからこそ架空のリアルじゃないゴジラが本当に生きていました。

会議ありき責任ありきの政治家含めとても良く作りこまれていると思います。

そして、おそらく演出だと思うのですが、登場人物全員が早口、そして、カット割りの速さでスピード感の演出があり嫌でも追い込まれているような気持ちになっていくのが分かります。

総理が自衛隊出動の是非を問われるシーンでは、顔のアップのシーンを次々写すことで、あたかも自分がその決断を迫られているようで..。

ゴジラの生態が明らかになっていくと、事態は日本だけではなく世界規模の問題に発展していくのですが、あなたならどうする?この未曾有の危機にどう対処する?と自分自身に問われているかのリアリティがあります。

ゴジラの鳴き声から効果音、最後の「終」まで良く出来ていました。

日本の俳優方も主役から脇役まで素晴らしかったと思います。

ゴジラの造形も素晴らしく、さっすが庵野監!というか感じでした。

怪獣モノは、怪獣そのものが美しくカッコよく恐ろしくなければならない。これがダサかったりしょぼかったりすると、がっかりしてしまいますよね。

その一方で、日本人の職員たちや自衛官の制服がちっともかっこよくないのもリアリティがあって良かった。

細かいところに気が利いているなととても感心させられました。
スポンサーサイト
プロフィール

すもも

Author:すもも
いろいろな映画やドラマを観て感想を書いています。独断と偏見に満ち満ちた映画&ドラマレビューでございます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramで人気ブログを分析 ブログ王 “blogpeople”